2012年02月10日

うしじま某さんの話1:個人の問題に封じ込めないといらない火の粉が飛んできますよ。

会社所属になってからこっちのblog書かなくなったよねということで穴埋めに。
アメブロの方もそんな書いてないんですけどねw

うしじまさんがいつもの露出芸で怒られちゃった件ですが、
結局牛島えっさいさんの「個人の資質の問題です」という一言に尽きると思います。

そうでないと被害が拡散します。というかしてます。

氏のパブリックな言動を注意深く見てれば分かりますが、
「○○する」という「行動」は明言していても「○○である」という「肩書き」は明言してません。
少なくともそれを「売り」にしていないのは事実です。

「コスプレ」「表現」と言ってても「コスプレイヤー」「表現者」だと言ってない。
言ってるのは主に「マスコミ」や「男(これについては後述)」等、「その定義が必要な人」です。
氏はそう定義されることによって利を得てる(金銭か名誉欲かは知りませんが)ことは留意すべきかと。

ですので、「○○のくせにルール破りやがって」という非難は
「自分が○○だなんて言った覚えはないっすよ〜」って言われて終わります。少なくとも当事者の中では。
しかも部外者からは「○○という仲間なんだな」という認識をもたれるという氏の一人勝ちで終わる上に、
その言葉の周辺に居る人達全員に拡散するというオマケつき。

なので、迷惑だと思う人、や、迷惑だと思わざるを得ないイベンターの人とかは
あくまでも「個人」としての問題に封じ込めないと返って災いを呼び込みます。
というかほそぼそやってるいちコスプレイヤーとしてはそんな心境です。

少なくともイベントに関しては今回「前科」が出たわけですし、
本人の行動は首尾一貫しててそれを変えないどころか広めるとまで明言してますから、
「うしじま禁止」を明記する「大義名分」になりえます。

そこに関しては前述のスタンスを氏が取る限り、
「そんなイベント興味ないっす〜」と言うしかないわけですしね。

タグ:コスプレ
posted by 霧生紗夜 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.menscyzo.com/2009/07/post_112.html
>──ええと、いきなりですが、うしじまさんって何者なんでしょうか?
>うしじま 普通のコスプレイヤーですよ!
Posted by 論旨には同意しますが at 2012年02月11日 00:02
なるほど、そういう発言がありましたのですね。

ですが、おそらくそれをもって彼女に迫ったところで「そんなこと言った事ないっすよ〜サイゾーさんがねつ造したんじゃないですかね」的にかわされるだけな気はします。
サイゾーのメディアとしての特性もこの場合彼女にプラスに働いていますし。

記事でも書きましたように、彼女に責をおわせる必要がある人は、肩書き云々ではなく、単なる一個人の行動と結果が問題だという方法で無いとそんなふうにのらりくらりと逃げられるだけかと思います。
Posted by 霧生紗夜 at 2012年02月18日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251623619

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。